ブッたでしょ!

今朝の満員電車での出来事です。
私から3人ほど離れたところから突然「アンタ、ブッたでしょ!」という鋭い声が飛んできました。マスクをかけた女性がけわしい目で誰かを睨んでいます。
しばらく沈黙が続き、やがて電車は次の停車駅のホームへ滑り込みました。そろそろ次のアクションが起こりそうだな、と思っていると、案の定「アンタ、ブッたよね!」と再びきびしい声が聞こえました。
「ブッてないから」と冷たく答えたのは、私に背を向けている女性です。
「ブッたよ。2度も3度も、ヒジでブッたじゃない」
以下、同様の繰り返しが続いたので省略しますが、マスクの女性はこう言い出しました。
「ここで降りなさいよ。降りて駅員さんに言いますから、アンタはブッてないって言えばいいでしょ
そうこうしているうちに、電車はまた動き出してしまいました。二人のテンションは上がるばかりです。近くの男性が、
「どこかに車掌さんへの通報装置はないですか」
と大声を上げました。幸か不幸か、そのような装置は近辺には見あたりません。誰からも声なし。
「次の駅で降りなさいよ」
「なんで降りるのよ。ブッてないんだから」
「それなら駅員さんにそう言えばいいじゃない」
電車は次の停車駅に着きました。
「降りなさいよ!」とマスクの女性は後ろ向きの女性の腕を引っ張ります。
「降りる人がいますから、ちょっと待ってください!」と、ドアから乗り込もうとする乗客を制したのは、先ほどの男性です。この言葉に促されて、対決中の二人の女性はホームに降りました。たまたまそこにいた駅員に、マスクの女性が訴え始めます。補助員のアルバイト学生も駆けつけて、二人を取り囲み、駅員は迷惑そうな顔をしながら、発車の合図をしました
そして電車は動き出し、二人は視界から消えました。
私は一部始終を目撃しておりましたが、ただの傍観者でした。なんで仲裁に入らないんだ、とお叱りを受けそうですが・・・いや実は、どこかで仲裁に入ろうか、と考えてはいたのですが、うまいタイミングが見つかりませんでした。どのようなロジックで説得を進めようかと思案も巡らしたのですが、うまい考えが浮かびませんでした。
二人を置いてきぼりにして電車が走り始めてから、ブツという行為をするくらいなら、原因となる何らかのエピソードがあったはずではないか、と思いつきました。乗車時に先を争ったとか、マスクの女性が顔のそばで咳をしたとか・・・。諍いが始まる前に何があったのか、それを聞き出すことから仲裁を始めればよかったなあ。
もし通報装置が押されていたら少なくとも10分は遅れたでしょうが、電車はほぼダイヤ通りに終着駅へと走り続けました。〈kimi〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です