2月と3月

28は7で割り切れます。ということで、うるう年でない年の2月はちょうど4週間で終わります。すると2月と3月は日にちと曜日が一致するという現象が起こります。
それが次ぎのような現象を引き起こすのです。
AさんとBさんが一杯やろうと約束したとします。
「それでは18日の月曜日の7時ね」
「わかりました。18日の月曜日の午後7時、手帳にちゃんと書いておきます」
Aさんは2月18日の月曜日のつもりですが、Bさんは手帳の3月18日の欄に予定を書き付けてしまう。その日も月曜日だから疑うこともありません。
このようなミスコミュニケーションを語用学では推意がすれ違がった、などと言うらしいのですが、昨日、それを実体験してしまいました。くれぐれもご注意くださいませ。〈kimi〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です