都知事のお蔭ですが

前の前の都知事であった猪瀬氏が行ったことで、一番ありがたかったのが九段下駅で都営地下鉄新宿線と東京メトロ半蔵門線の境の壁を取り払ったことです。お蔭で半蔵門線で渋谷方面から来た客は、ホーム向かい側の新宿方面へ向かう新宿線に乗り換えることができるようになりました。もちろんその反対もできますが、猪瀬都知事がやったことは壁を取り払ったことだけで、都営と東京メトロがお互いに協力し合うというところまで及ばなかったのが残念なところです。
同じ鉄道会社なら接続と言って、客が乗り換え終わるのを見計らってから発車させますが、九段下駅ではそういう配慮は一切しません。都営地下鉄の電車の乗り降りが終わったら、反対側ホームに東京メトロの電車が到着して客が降りていても、知らん顔してドアを閉めます。その反対も同様です。乗り換えの便を図るより自社のダイヤを守ることを優先します。
都民ファーストを掲げる新知事がこれを改善するでしょうか。しないでしょうね、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です