趣味ってものは

数年前から職員向けのセミナーの講師を務めている政府系機関の女性から、先ほどメールを頂戴しました。
「私も来年で還暦に。遠い話かと思っていましたが早いですね。私は、無趣味で模索中 。何をしたいのかわからない状態で時間だけが過ぎて行く感じです。 もし人生においていいアドバイスがあれば御伝授 いただけると嬉しいです。」
さて困った。そんなアドバイスができる人間ではありません。
一つだけ思い当たることは、「趣味を持とう」と思っても持てるものではないだろうということです。定年になったら写真を趣味にしようと思い、退職金で高級カメラを買っても、数年で飽きてしまうという話をよく聞きます。実際に周囲に2~3の実例があります。そのような人たちは、「写真を趣味にしよう」と思って高級カメラを買ったのかもしれません。
今度京都に行ってみたいなあ、次は竹田城を見たいなあとあちこち出かけているうちに、ひょっとしたら旅行 が趣味なのかも・・・と気づくようなのがいいんじゃないでしょうか。東京ドームの嵐のツアーに行った次は大阪のツアーに行ってみた。 知らないうちに立派な嵐の追っかけになっていた、というのもありでしょう。
自分がやっていて楽しいと思うことをやっていれば、他人がそれを趣味だと認めてくれる。そういうものではなないですかねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です