人事評価のショーウインドウ

企業は社員を評価するもの・・・なのかどうか知りませんが、まあどこでもやっています。会社員だったときは、自分の評価がずいぶん気になったものです。当然ですね。それが給料に反映するわけですから。
いろいろな社員評価の方法やツールがつくられ、MBAでも人事の専門家が養成されていますが、真に誰もが納得できる人事評価法が開発されたという話は聞いたことがありません。
それでも何となく社内での評価はコンセンサスができて行くもので、あの人はそろそろ昇進してもいいよねという雰囲気が醸成されてくる。反対に「なんでェ?」という人事もしばしば起こります。世界中どこでも人事は人間くさい要素で決められて行くものらしい。
社内にいれば、その人間くさい部分がある程度見えることがありますが、社外からそれをうかがい知ることはできません。あの人がエラくなった、あの人が異動になった、ということはわかりますが、どのような経緯なのか、異動先でどんな仕事を任せられているのかなどは、外からはわからないのがふつうです。
ところがですよ、それがなんとなくわかっちゃう組織があることに気がづきました。
NHKです。あそこのアナウンサーのみなさんが、どんな番組でどんな役割を担当させられているのかに注意していると、それぞれの社内評価がわかるような気がしませんか。
なるほどこの人は上手だなあとか、華があるなあとか感じることがあるます。また地方へ行くと、こんなアナウンサーさんがNHKにいたんだなあ、と思うこともあります。具体的な例は出しません。しかして、これは職員としてはかなり厳しい環境ではないでしょうか。そう考えると、テレビを見ているこちらも少々つらくなってしまいますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です