ブランドリフトだって

「宣伝会議」誌の最近号を読んでいたら、「『ブランドリフト』ってどんな意味」というタイトルが目につきました。なにやら細かいことがいろいろ書いてありましたが、要するに認知率、想起率、購買意向、好意度などのスコアを上げましょうということらしい。これって、「ブランド力を上げましょう」ということじゃないの? 新しいカタカナ用語をつくると、もっともらしく聞こえます。それは一つの戦略ですから、否定するつもりはありません。こちらも何か考えてビジネスにしたいなあとも思いますが、中身があまりにも当たり前だと肩透かしを食ったような気にもなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です