短気じゃないんですけど

 p1000531.jpg
自宅の近所で撮った今日の桜です。都心より少し遅いようで、まだ9分咲きといったところ。
実は、4月初めというこの季節が私はちょっと苦手です。
そのわけは新人の季節だからです。新入社員や新入生など、新しい環境に身を置くことになった人たちが突然大量に街にあふれ出てきます。その人たちが、街角でも駅でも電車の中でも一斉にマゴマゴしています。慣れない通勤・通学ルートに戸惑っています。新入社員教育の会場への道を地図を見ながら探しています。新しい仲間ともまだ互いの気心が知れないので、グループで移動するにも統制がとれずに右往左往しています。自分だってはるか昔にはそんなときがあったに違いありませんが、しかし歩きにくいったらありゃしない。なかなか前へ進めないと、私の瞳の中にイライラの炎がともります。
私はとくに短気ではないつもりですが、「前へ進めない状態」というストレスには滅法弱いのです。
同じように前に進めなくてイライラの炎が燃えるのは、要領を得ない話し方をする人に出会ったときです。
要領を得ない話し方にも2種類あって、一つは、何を言おうとしているのか最後の最後までわからない人。もう一つは、何を言いたいのか、相手はすぐに理解したのに、なおもクドクドと説明を続ける人。どちらも話が長い。
こういう方々の多くは几帳面な性格をお持ちのようです。きっちりと初めから終わりまで話さないと気がすまない。枝葉まで説明しないと気がすまない。不正確な表現があっては気がすまない。話し洩れがあっては気がすまない。相手に誤解を生じては気がすまない、などなどなど。
また、この手の方は、話しを途中で遮られることをとても嫌うようです。最後までとにかく話させてほしいという気持が伝わってきます。その長い長いお話が終わると、ホットした顔をされます。誠にご苦労様なことですが、「結論を先に言ってくださいよ」とか「わかったわかった」などとは決して言わずに聞いているこちらも誠に苦痛であります。
繰り返しますが、私は短気ではありません。ただ人間的にまだ修養が足りないんでしょうね、きっと。 〈kimi〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です