最愛の

文章とか言葉の使い方などが気になり出すと止まらなくなりますね。そういうことで今月はその続きで締めようかと・・・。
土曜日の「モヤモヤさまぁ~ず2」を見ていたら、テロップに「子弟愛」と出て来ました。変換間違いだろうと思いますが、ひょっとすると担当者が「師弟愛」という言葉を知らなかったのかも。
何の番組か忘れてしまいましたけど、「最愛の祖父」というのもありました。間違いかどうか微妙ですが、これまでの日本語の遣い手たちは「最愛の子」か「最愛の妻」にしか「最愛」という形容を使わなかったと思います。おじいちゃんの方から「最愛の孫」というのもアリでしょう。しかし、最愛のおじいちゃんとは言わなかったなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です